カナダ 日系企業 求人

MENU

カナダにある日本の会社やグループ会社をリサーチしよう

カナダでは多数の日系企業が進出し、活発な経済活動を行っている。その中には日本を代表する企業も多く、いかにカナダという国が日本経済において重要な存在であるかが窺える。

 

ではカナダにある日系企業を具体的に見てみよう。まずもっともかかわりが深い自動車産業から。トヨタはドンバレー・ノース・レクサス・トヨタ、トヨタ・モーター・マニファクチュアリング・カナダ、カナダ・トヨタの形で進出している。それからホンダ。こちらもホンダオブカナダ・マニュファクチュアリング、ホンダカナダ ・インコーポレーティドで進出している。どちらもカナダを重要な生産拠点としていることが窺える。ほかには日産がカナダ日産自動車で、スバルはスバル・カナダ・インクで、マツダがマツダ・カナダで、ヤマハがモーターカナダの形で進出している。

 

自動車の部品やアクセサリーを手がける日系企業の活動も活発だ。ブリヂストンはブリヂストン・ファイアストンカナダ、富士通は富士通・テン・カナダでそれぞれ進出、そのほかニチリンや住友ゴムなども進出している。

 

そのほかの業界も見てみよう。軽工業部門ではキャノンのキャノン・カナダ・インク、フジフィルムがフジフィルム・カナダ、コニカがコニカ・カナダ・インク、ミノルタはミノルタ・カナダ・インク、ミノルタ・ビジネスイクイップメントでそれぞれ進出している。それから金融業。カナダでは近年金融業の発展が目立っている。日系企業もその動きに敏感だ。東京三菱UFJ銀行、国際協力銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などの銀行、さらに三井住友海上火災保険、東京海上火災保険、損害保険ジャパン、日本興亜損害保険、明治生命保険などの保険会社もカナダへ進出している。

 

そのほかにもANAやJAL、日本通運、日本郵船、西濃運輸、阪急交通社といった交通・運輸関連の日系企業の進出も目立つ。これらは日本とカナダの経済上の密接なつながりを考えると当然のことかもしれない。こうして見ても自動車業界を中心にじつに多くの日系企業がカナダで活躍している様子をうかがい知ることができるだろう。日本人がカナダで働きたい場合、多くは日本企業や、日本の資本が入った関連会社への就職をめざすのが近道となるので、この業界をリサーチすることも重要になってくる。