MENU

カナダで日本人の求人を探すならやっぱり駐在員

日本人がカナダで働きたいと思った場合、1番確実で現実的な方法となるのが駐在員としての赴任となる。カナダへ進出している日系企業の従業員として関連会社に赴任する形だ。これなら日本で就職活動ができ、日系企業の従業員としてカナダで働くことができる。現地へ赴いて就職活動を行い、現地企業に就職するのに比べてさまざまな面でメリットが得られる方法だ。

 

その場合には当然カナダに進出している企業に就職することが大前提となる。すでにそうした企業で勤務している場合は異動願などで希望を人事に伝えればよい。もちろんそれが認められるかどうかは状況によって異なるが、何度も異動願を出し続けていれば認められる可能性は高くなるだろう。

 

そうではなく、これからカナダへ進出している日系企業に就職を目指す場合にはまず業種に注目しよう。カナダへ積極的に進出している日系企業は自動車関連、機械関連、金融関連に多く見られる。どんな日系企業がカナダへ進出しているのかインターネットで調べることも可能だ。自分のキャリアやスキルを踏まえつつ、チャンスがありそうな業種、企業への就職を目指そう。

 

なお、カナダへの駐在員としての求人は転職サイト等から情報を得ないとなかなか見つけられない。それはカナダで就労許可証を得るための海外駐在員の条件が原因だ。海外駐在員として就労許可証を得るためには許可を申請する前に過去3年間に1年以上、カナダ国外にある企業で類似のポジションに勤務していることが基本的な条件となっているのだ。管理職や専門職は例外として扱われるが、一般職の場合は「まず就職して」から駐在員としての赴任を目指すことになる。それだけに先に挙げたように就職先の選択が重要になってくるわけだ。なお、この条件は厳密なものではなく、査証審査官の裁量次第で柔軟に判断されることもある。

 

このように、日本からカナダへ赴任する場合にはまず日本でのキャリアを固める必要があるが日本からの転職組であれば条件の課題はクリアできる。焦らず、自分にとって天職と思える仕事を見つけた上でカナダへの赴任を考えるようにした方がよいだろう。

日本からカナダに赴任(駐在員)する方法記事一覧

カナダでは多数の日系企業が進出し、活発な経済活動を行っている。その中には日本を代表する企業も多く、いかにカナダという国が日本経済において重要な存在であるかが窺える。ではカナダにある日系企業を具体的に見てみよう。まずもっともかかわりが深い自動車産業から。トヨタはドンバレー・ノース・レクサス・トヨタ、トヨタ・モーター・マニファクチュアリング・カナダ、カナダ・トヨタの形で進出している。それからホンダ。こ...